九谷焼ファン

九谷焼の製作工程

 

その1「素地(そじ)工程」

 

1.採石

 

石川県小松市花坂山陶石場などで原料となる石をとります。

 

2.粉砕

 

スタンパー 陶石を細かくスタンパー(粉砕機)でくだき、さらに細かく粉末にします。

 

3.水簸(すいひ)

 

粉のようになった陶石を水につけ、鉄分などのいらないものを取りのぞきます。

 

4.坏土(はいど)

 

いらない水分をとり、適当なやわらかさにします。

 

5.土もみ

 

ヒビ・ヒズミのもととなる陶土内の空気をぬきます。

 

6.成形

 

ロクロや型を使って土の形を整えます。丸いものもあれば形が複雑な角型のものもあります。

 

7.乾燥・仕上げ

 

高台(こうだい)や外側の削り、つまみ造り、縁仕上げ(ふちしあげ)などの細かい仕上げをします。

 

8.素焼き

 

約800度で8時間焼き上げます。約800度でねずみ色の土が肌色になって焼き上がります。

 

9.下絵付

 

酸化コバルトを主成分とする染付呉須(そめつけごす)という絵具(顔料)で絵を書きます。染付(そめつけ)とよばれ、焼き上げたあとには紺色になります。

 

10.施釉(せゆう)

 

焼き物の表面に白釉(はくゆう)といううわぐすりをかける。他のやり方に浸しがけ(ひたしがけ)や印毛塗り(いんもぬり)があります。焼き上げた後、うわぐすり(釉薬(ゆうやく))はガラス質で透明になり、焼き物の表面をおおいます。

 

11.本窯(ほんかま)

 

じわじわ温度を上げ、1300度になるまで約15時間焼きます。

 

 

その2「絵付工程」

 

12.上絵付け(うわえつけ)

 

呉須(ごす:黒色)という絵具(えのぐ)により絵のもようを骨描き(こつがき)、または五彩(緑・黄・赤・紫・紺青(こんじょう))の上絵具(うわえぐ)による彩色(さいしょく)をほどこす場合もあります。そして骨描き(こつがき)の上に、絵具(えのぐ)をのせるように置いていきます。

 

13.上絵窯(うわえがま)

 

上絵窯(うわえがま)で800〜1000度の間で焼きあげます。未発色(みはっしょく)の絵具(えのぐ)が美しい五彩(ごさい)に変わります。

 

14.錦窯(金窯)(にしきがま)

 

仕上げる陶器(とうき)によって金彩(きんさい)・銀彩(ぎんさい)の仕上げをし、金窯(400度)で焼き上げます。

 

15.完成!!