九谷焼ファン

九谷焼の歴史

謎につつまれた九谷焼

 

九谷焼の歴史は「古九谷」「再興期」「新九谷」という歴史があります。
古九谷の発祥は謎につつまれており、いまだにわかっていません。そこも含めて九谷焼の歴史をたどってみましょう。

 

 

古九谷

 

「こくたに」と読みます。
古九谷とは、九谷焼のなかで、もっとも早い時期に製陶された彩磁器をいいます。1655−1720年頃。

 

大聖寺藩領の九谷村(現在の石川県加賀市)で、良質の陶石が発見されたのを機に、藩士の後藤才次郎を 有田へ技能の習得に赴かせ、帰藩後の明暦初期(1655年頃)、藩の殖産政策として、始められるが、約50年後(18世紀初頭頃)廃窯となりました。

 

1960年代頃から「九谷ではなく佐賀県の有田で焼かれたものである」という説が主張されはじめました。有田の窯跡から古九谷と図柄の一致する染付や色絵の陶片が出土していること、石川県山中町の九谷古窯の出土陶片は古九谷とは作調の違うものであったことなどから、一時は「古九谷はすべて有田の初期色絵作品である」との説がほぼ定説化していました。しかし、1998年、九谷古窯にほど近い九谷A遺跡から、古九谷風の色絵陶片が発掘されたことから、「複数の産地で同一様式の磁器がつくられていた」可能性を探るべきだとの意見もあり、産地問題はいまだ決着を見ていません。

 

どうして古九谷は突然、消えてしまったのでしょうか?

 

原料の陶石がなくなった。

 

大聖寺藩の財政が苦しくなった。

 

江戸幕府の干渉

 

などの説がありますが、いずれの説も確かな証拠がなく、古九谷はいまだに不明な点が多い「謎の焼き物」です。

 

 

 

再興期

 

再興九谷(さいこうくたに)

 

古九谷の廃窯から、約一世紀後の文化四年に加賀藩が京都から青木木米(あおき・もくべい)を招き金沢の春日山(現在の石川県金沢市山の上町)に春日山窯を開かせたのを皮切りに、数々の窯が加賀地方一帯に立ちました。

 

これらの窯の製品を「再興九谷」といいます。 同じ頃、能美郡の花坂山(現在の石川県小松市八幡)で、新たな陶石が発見され今日まで主要な採石場となりました。これらの隆盛を受け、それまで陶磁器を他国から買い入れていた加賀藩では、文政2年(1819年)に磁器を、翌年に陶器を、それぞれ移入禁止にしました。

 

九谷焼には加賀百万石文化の美意識があります。九谷焼が生まれた江戸時代、加賀藩は禄高(ろくだか)120万石を誇る大きな藩で、その豊かな財力によっていまも、鮮やかな色彩と豪放優美な絵模様を特徴とする九谷焼に息づいているのです。

 

 

新九谷

 

新九谷(しんくたに)

 

明治時代に入り、九谷焼は主要な輸出品となり、1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されると 同時に西洋の技法も入り込みました。
1872年頃から型押しの技術が九谷焼にも取り入れられ1892年頃から、獅子を始めとする 置物の製作が盛んとなり、大正時代になると型が、石膏で作られるようになり量産化が進みました。
また、明治維新による失業士族の授産施設として1872年(明治5年)に誕生した金沢区方開拓所製陶部は、砂子吉平、初代諏訪蘇山等の参加を得て成果を上げ、1876年(明治9年)には、石川県勧業場と名を改めました。
1887年(明治20年)金沢工業学校(現在の石川県立工業高等学校)が開校し、次代の陶芸家が育成されるようになりました。