九谷焼ファン

九谷焼の作家

主な九谷焼作家を紹介します。

 

 

徳田八十吉

 

とくだ・やそきち

 

 

三代目
1933(昭和8)年−2009(平成9)年
初代の孫。
三代徳田八十吉。国指定重要無形文化財(人間国宝)。石川県指定無形文化財 。
石川県小松市に陶芸家二代徳田八十吉の長男として生まれる。
父・二代徳田八十吉に師事して、伝統的な九谷焼上絵釉薬等の技法を習得した後、さらに上絵釉薬の調整法や焼成法の研究を重ねながら技の錬磨に努め、伝統的な彩釉磁器の技法を高度に体得した。

 

四代目
1961(昭和36)年-
三代目徳田八十吉の長女

 

 

 

浅蔵五十吉

 

あさくら・いそきち

 

1913(大正2)−1998(平成10)

 

二代浅蔵五十吉。文化勲章受賞者。

 

石川県能美郡寺井町(現能美市)生まれ。
陶芸全般を父五十吉に、上絵を陶芸家初代徳田八十吉(とくだ・やそきち)に学んだ後、北出塔次郎(きたで・とうじろう)に師事。
昭和21年(1946)日展初入選、昭和49年(1974)日展評議員、昭和52年(1977)日展内閣総理大臣賞、昭和56年(1981)日本芸術院賞、日展理事就任。
昭和59年(1984)勲四等旭日小綬章、日本芸術院会員、平成4年(1992)文化功労者。

 

 

 

吉田美統

 

よしだ・みのり

 

1932(昭和7)年−

 

国指定無形重要文化財(人間国宝)。石川県指定無形文化財。

 

石川県小松市に九谷焼の赤絵金襴手を得意とする窯元(錦山窯)に生まれた。
高等学校在学中より同窯の職人から陶芸技法を学び始め、昭和26年には家業を継いで伝統的な上絵付けや金襴手の技法を深め、工芸デザインの習得に努めた。
昭和47年加藤土師萌の釉裏金彩の作品に触発されたのを契機にこの技法による作品制作に取り掛かり、その後も試行錯誤を繰り返しながら技の錬磨に努め、技法・表現上の研究を真摯に重ねて、釉裏金彩の技法を高度に体得した。
下地となる色釉の表し方、金箔の扱い方等に創意工夫が加えられたその技法は洗練度・完成度を高め、吉田美統はその第一人者とされる。