九谷焼ファン

中興の祖九谷庄三

九谷庄三
くたにしょうざ。文化13年(1816年)-明治16年(1883年)

 

九谷庄三は、寺井町(現在の石川県能美市寺井町)の農家に生まれました。
17歳の時に小野窯に陶匠として招聘されました。後に窯業の指導に諸国から招かれますが、能登の火打谷(現在の志賀町)で、能登呉須と呼ばれる顔料を発見。後の九谷焼に多大な影響を与えます。
26歳で故郷に戻り寺井窯を開きました。西洋から入った顔料を早い時期から取り入れ 彩色金欄手を確立し、庄三風と呼ばれる画風は後に西洋に輸出される九谷焼の大半に取り入れられることになります。