《期間限定》角小皿 鬼は外 / 梅村めぐみ

価格: ¥4,840 (税込)
販売期間: 2024年01月01日00時00分~
2024年02月03日22時59分
梱包方法:
数量:

返品についての詳細はこちら

こちらは期間限定販売の商品です。
※ネットショップで販売終了したものでも、実店舗に在庫がある場合がございます。
 気になる商品がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

節分とは、「鬼は外!福は内!」の掛け声と共に豆をまき、鬼を追い払って新年を迎える立春の前日行事です。飾皿としても季節の風物詩をお楽しみいただけます。

【赤絵細描(あかえさいびょう)画風】
赤絵細描画風は、九谷焼の中でも特に人気の高い画風のひとつです。
赤で緻密に人物や花鳥を描き、周りを小紋で埋め尽くして金彩を加えるのが伝統的な画風ですが、 近年は新進の作家によるモダンな解釈の作品も出てきています。
元々は吉田屋窯から引き継いだ宮本屋窯(1832~1859)で作られた様式で、主工の飯田屋八郎右衛門が独特の赤絵細描画風を確立させたことから「八郎手」「飯田屋」とも呼ばれます。

サイズ横110mm 縦108mm 高さ18mm
箱なし
素材磁器
注意事項 ・こちらの商品は実店舗でも販売いたしており、「在庫あり」の場合でも
 品切れになっていることがございます。予めご了承ください。

・手仕事のため、一点一点の模様やサイズに若干の差異がございます。
 また、土や釉薬に含まれる鉄分が黒っぽい点(鉄粉)として見える場合がございます。
・お客様のモニター環境により、商品の色味の見え方が異なる場合がございます。
・食洗機、乾燥機、電子レンジの使用はできません。
・高台(ハマ)部分には釉薬を施していないため、擦傷にご注意ください。

梅村めぐみ

赤絵細描の技法を取り入れつつ、普段使いや特別な日にも使っていただけるようなデザインを目指して絵付けをしています。
赤絵細描の技を現代生活に調和した作品に落とし込む新鋭の作家。精緻な筆致から生み出される小紋、どこか愛嬌のある絵、そして書と赤絵細描が融合した作品は九谷に新たな風を吹き込みます。

陶暦

京都府立陶工高等技術専門校 図案科 卒業
2016年
全日本高校・大学書道展優秀賞
2021年
全日本高校・大学書道展展賞
2023年
第46回伝統九谷焼工芸展 能美ロータリークラブ新人賞

Related Products

ページトップへ